最新情報

日本学術会議 第11回 情報学シンポジウム

日時: 平成30年1月11日(木)13:00~17:50
会場: 日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)

本シンポジウムでは、「Secure Smart Connected Communityの構築にむけて」というテーマで、情報学分野の最近の研究動向に関連した講演とパネル討論を行い、情報学の発展を促す施策からその社会的インパクトまで、情報学を取り巻くさまざまな話題に関する議論を行う。情報学におけるホットな話題としてIoT、ビッグデータ、人工知能、サイバーセキュリティなどが学術界でも産業界でも、また我が国のみならず世界中で注目を集めている。これらの分野の研究が進展することで、日常生活でも産業分野でもネットワーク化・スマート化がさらに進むことが予見されており、我が国では第5期科学技術基本計画で提唱された超スマート社会、米国では Smart and Connected Communities などのビジョンが語られている。また、学術の発展に目を向けると、我が国の学協会におけるオープンサイエンス化の動きも活発化しているとともに、諸科学を広く覆う「メタサイエンス」としての情報学の果たす役割も重要となってきている。情報学に関わるこのような技術の高度化や基盤の整備が、未来の社会にどのようなインパクトを与えるかについて議論を深めたい。

そのために、米国NSF及び欧州から招待講演者をお招きし、情報学分野の最近の研究戦略に関して講演をいただく。我が国の動向に関しては、自動運転や都市のスマート化、防災/減災、超サイバー社会に関連する最近の施策の動向、さらに国の科学技術政策の推進に関わる情報学分野への期待・要望等に関する講演をいただく。情報学委員会からは、最近の活動状況を紹介する。パネル討論では、セキュアな超スマート社会の構築に向けた議論を行う。

▲ページトップへ戻る